artist

dylan_artist
[members]
Børge Sildnes

[about Dylan Mondegreen...]
Dylan Mondegreenはノルウェー在住のSSW、Børge Sildnes(ボルゲ・シルネース)によるユニット。Prefab SproutやTrash Can Sinatras、60′sソフト・ロックに魅せられ、スカンジナビアの空気のように澄んだメロディを紡いでいる。ここ日本では2009年に1stアルバム、2ndアルバムをFastcut Recordsから同時リリースし、また同年12月には来日ツアーも成功を収めた。

2ndアルバム『The World Spins On』から3年ぶりとなる3rdアルバム『ディラン・モンドグリーン』が遂に完成。今作では、Saint Etienne、The Field Mice、Trembling Blue Starsなどのプロデュースで知られるIan Cattをプロデューサーに起用。これまでのサウンドに加えて、Ian Cattらしい羽毛のように柔らかで繊細な音作りも取り込み、前作以上にソフィスティケートされた北欧ポップを聴かせてくれる。

同郷の女性シンガー、Maria Dueとのデュエットによるサビの美しさに心打たれる「Come Tomorrow」、スティールパンによるイントロから切なく込み上げる本作のハイライト曲「It Takes Two」、Ian Cattらしいドリーミーな音作りにアルペジオの響きが甘美に響く「Keeper Of Secrets」、Trembling Blue StarsやNorthern Picture Libraryを思い出さずにいられないネオ・アコースティック「You Make It Easy」などを収録。

愛娘イーダの誕生の前後に完成した本作は、生命の誕生を祝うようなあたたかみをこれまで以上に感じさせ、聴き手を北欧の草原へと誘う。自身の名前を堂々冠したことからも自身が伺えるディラン・モンドグリーン史上、最高の感動を呼ぶアルバムが完成した。

[releases]
FCRD-043 “Dylan Mondegreen” (2012) [detail]
FCRD-013 “The World Spins On” (2009) [detail]
FCRD-012 “While I Walk You Home” (2009) [detail]

[official]
http://www.dylanmondegreen.com/

[Video]

Previous postWild Nothing Next postLittle Children