artist

icchoir
[members]
Kurt Feldman (Vocals, Programming, Guitar, Synthesizers)
and
Patrick South (Synthesizers, Wal Fretless Bass)
Raphael Radna (Synthesizers)
Avery Brooks (Percussion)

[about Ice Choir...]
Ice Choir(アイス・クワイア)はカート・フェルドマン(ex-The Pains Of Being Pure At Heart/ex-The Depreciation Guild)率いるプロジェクト。彼が率いたThe Depreciation Guildのラスト・アルバム『Spirit Youth』においても感じることのできたGangwayやPrefab Sprout、YMOのようなシンセ・ポップ志向を更に追求したファン待望のデビュー・アルバム『Afar』が遂に完成!USではTennisやReal Estate、Dolphins Into The FutureをリリースするUnderwater Peoplesから、そして日本ではFastcutより国内盤CDがリリースが決定している。

冒頭を飾るキラキラとしたGangwayファン感涙のシンセ・ポップ「I Want You Now And Always」、Yesboyicecream (UK) とShelflife (US) のWネームでリリースされた7インチ・シングル「Two Rings」、Pitchforkでマイケル・ジャクソン「Human Nature」~Spandau Balletの間にある80′s R&Bのようだと形容された極上メロディの「Teletrips」、カラフルなシンセで彩られるバレアリック・ポップ「Afar」AORのレア盤に収録されてそうなシティポップ・サウンドに吃驚するアーバンな「Peacock In The Tall Grass」など全9曲入り。カート自身による作曲とプロデュース、そして盟友ViolensのJorge Elbrechtがミキシングを担当。他のUSインディー・バンドでは圧倒的に違うセンス、ポテンシャルで鳴らされるブルックリン発、究極のシンセ・ポップ・サウンドがここにある。

[releases]
FCRD-042 “Afar” (2012) [detail]

[official]
http://www.icechoir.com/


Previous postWilhelm And The Dancing Animals Next postMy Bubba & Mi