artist

tennishero
[members]
Jens Andersson
Alexander Berg

[about Tennishero...]
スウェーデン出身のALEXANDER BERGとJENS ANDERSSONによるユニット。デビュー時にはまだ10代という若さにして、自らのサウンドを”Roland Garros Techno”と名付け、ヨーテボリで活動をスタートさせる。ROYKSOPPのレコーディングにも参加しているCHELONIS R. JONESをフィーチャーした12インチ「ALONE」はここ日本でも輸入盤店を中心に大ヒットを記録した。

2009年6月に、日本盤のみ限定の12″アナログ・シングル「High Scenes」のリリースが決定。一時的にMySpace上でアップロードされたものの、デモのまま消えてしまった「HIGH SCENES」、幻の未発表ヴァージョン《KODAK DURANTIN REMIX》を収録!彼らの代表曲「ALONE」「MIDNIGHT LOVE」の続編と も呼べる楽曲で、力強いキックと共に澄み切ったシンセが駆け出すイントロ、”HIGH SCENES”とリフレインされる儚いコーラス・ループ、そして扇動的なアシッド・シンセがメーターを振り切るように展開していく。僅か3分20秒のこのトラックは、今年、多くのダンスフロアに新しい衝撃を与えることだろう。

[releases]
FCEP-010 “High Scene” (2009) [detail]

[official]
http://www.myspace.com/tennishero


Previous postBears Next postThe Pains of Being Pure at Heart