artist

ans
[members]
Martin Colclough (Vocals, Guitar)
Pat Fogarty (Guitar, Backing Vocals)
Gemma Evans (Bass, Backing Vocals)
Ben Perry (Drums, Glockenspiel)

[about The Answering Machine...]
Two Door Cinema Club、Bombay Bicycle Clubらと共に2009年にBritish Anthemsで来日済みのマンチェスターの若き4ピース、THE ANSWERING MACHINE。ニュー・アルバム『Lifeline』に大傑作1stアルバムを追加した初回限定2枚組仕様にて日本デビュー!

英国・マンチェスターの4人組。2005年にマンチェスター大学で、MartinとPatを中心に結成、まもなくベーシストのGemmaが加入。当初はドラム無しの3ピースで、Mustafa Beatというリズム・マシーンを使っていた。1stシングル「Oklahoma (2006)」、2ndシングル「Silent Hotels (2007)」をHigh Voltage Soundsからリリース、その後、REGALから3rdシングル「Lightbulbs」をリリース。2009年にはHeist or Hit Recordsと正式契約しオフィシャル・デビュー・シングル「Cliffer」、そしてManic Street Preachers、Idlewild等を手掛けるDave Eringaがプロデュースを担当したデビュー・アルバム『Another City, Another Sorry』を2009年にリリース。同年12月にはThe Vaselines、Two Door Cinema Club、Bombay Bicycle Club、James Yuillらと共にUKアーティストの祭典『Biritish Anthems』で初来日を果たした。

2011年、遂にリリースされる新作2ndアルバム『Lifeline』に合わせ、Fastcut Recordsから日本盤リリースが決定!初回限定盤は未リリースであった1stアルバム『Another City, Another Sorry』をボーナス・ディスクとして追加した2CDエディション!1stとは明らかに違うベクトルへ向かう壮大なスケールの「My Little Navy」で幕明け、メランコリックなギター・リフが印象的な先行シングル「Animals」、シンセをフィーチャーしたバースト・インディー・ロック「Romatic And Square」、泣きじゃくるメロディが素晴らしい疾走アコースティック・ポップ「Hospital Lung」、紅一点Gemmaがヴォーカルをとったラブリーなメロディカやグロッケンが舞う60′sレトロ風味の「The End」などを収録した『Lifeline』、そして「Cliffer」を筆頭にアンセム・ナンバーをほぼ網羅した勢い溢れるUKインディー・ロックの名盤1st『Another City, Another Sorry』は説明不要の大傑作!

For Fans Of… Bombay Bicycle Club, The Crookes, The Pains of Being Pure at Heart, The Smiths, The Strokes, Two Door Cinema Club etc…


[releases]
FCRD-032 “Lifeline” (2011) [detail]

[official]
http://www.theansweringmachine.co.uk
http://www.myspace.com/theansweringmachine
http://www.heistorhitrecords.com


Previous postAcid House Kings Next postUnder Electric Light