artist

press-03
[members]
Danny Provencher

[about Under Electric Light...]
今冬インディー・シューゲイズ大本命!カナダのドリーミー・シューゲイズ・ポップ=Under Electric Light。数年の歳月を経て、遂に届けられた1stアルバムはインディー・シューゲイズ名曲「This Moment」の新ヴァージョンを含む大傑作!

カナダ・ケベック州モントリオール在住のDanny Provencherによるソロ・ユニット=Under Electric Light。2002年に自主制作でリリースしたファーストEPの後に、『Never See The Light EP (2005)』『Blue EP (2006)』『After the Blue EP (2007)』をリリース。New Order、The Beach Boys、My Bloody Valentine、Kraftwerk、Slowdiveなどにインスパイアされたベッドルーム・シューゲイズ・ポップの数々は世界のインディー・ファンに好評となるが、正式なアルバム・リリースはされず数年が過ぎた。

2011年、Under Electric Lightが1stアルバムを引っさげ遂に日本デビュー!墜落する飛行機の夢を歌う倦怠感漂うダウナーでクールな「Take Me Away」で幕を明け、The Beach Boys風味のサーフ&シューゲイズ・ナンバー「Waiting For The Rain To Fall」、Factoryチルドレン的なエレクトロ・ポップの「Someone Somewhere」、そして初期からの彼の重要曲である「This Moment」、号泣間違い無しな疾走ナンバー「Wintertime」を収録。

[releases]
FCRD-031 “Waiting For The Rain To Fall” (2011) [detail]

[official]
http://www.underelectriclight.com/
http://www.myspace.com/underelectriclight


Previous postThe Answering Machine Next postDream Diary