Feature
I Mean Us 2019 "EYヨ" Asia Tour
7.19(fri) @ BEAT STATION, Fukuoka 7/21(sun) @ SOCORE FACTORY, Osaka 7.22(mon) FEVER, Tokyo

SXSWへの出演、本国でのレコ発もSOLD OUT!台湾インディー・シーンに急浮上した5人組ドリーム・ポップ・バンド、I Mean Us。レコードストアデイでLP化し話題となった大傑作デビュー・アルバム『OST』を引っさげ、初の来日公演が決定!


福岡公演 / ASIAN NIGHT SUMMIT
日時 : 2019年7月19日(金) 開場 18:30 / 開演 19:00
場所 : BEAT STATION (〒810-0004 福岡市中央区渡辺通4-11-4) [MAP]
料金 : 前売り 3,000円 / 当日 3,500円 (別途ドリンク代)
出演 : I Mean Us (from TAIWAN), Attractions, Black Boboi, 村里杏
DJ:DAWA (FLAKE RECORDS), NON-DI, SAE
企画 : GIMMICK-MAGIC 主催:BINGOBONGOGROUP

<チケット>
チケットぴあにて先行発売
▼1次プレリザーブ
抽選日:5/9(木)
引換期間:5/12(日)
▼2次プレリザーブ
受付期間:5/11(土)11:00~5/16(木)11:00
抽選日:5/17(金) *クレジット決済のみ

チケットぴあ Pコード:151-344 https://w.pia.jp/t/asiannightsummit/
ローソンチケット Lコード:84010 https://l-tike.com/

大阪公演
日時 : 2019年7月21日(日) 開場 18:30 / 開演 19:00
場所 : SOCORE FACTORY (〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江2丁目13−26) [MAP]
料金 : 前売り 3,000円 / 当日 3,500円 (別途ドリンク代)
共演 : 揺らぎ, Tsudio Studio

<チケット>
メール予約 : Fastcut Records (info@fastcut.jp)
プレイガイド(4/27(土)発売) : イープラス (https://eplus.jp/sf/detail/2946150001-P0030001)
SOCORE FACTORY店頭

東京公演
日時 : 2019年7月22日(月) 開場 18:30 / 開演 18:45
場所 : FEVER (東京都世田谷区羽根木1-1-14 新代田ビル1F) [MAP]
料金 : 前売り 3,500円 / 当日 4,000円 (別途ドリンク代)
共演 : Luby Sparks, 17歳とベルリンの壁, Morningwhim (O.A.)

<チケット>
メール予約 : Fastcut Records (info@fastcut.jp)
プレイガイド(4/27(土)発売) : ローソンチケット L71375 / イープラス
FEVER店頭

企画・制作:fastcut records
招聘:BAD NEWS

メールでの前売りチケットのご予約は締め切りいたしました。プレイガイド、もしくは当日券をお買い求めくださいませ。
■チケットのご予約はinfo@fastcut.jpから承っております。ご希望の方は、件名に必ず「I Mean Usチケット予約」と明記し、「1.お名前 2.ご予約希望枚数 3.ご希望の日程」をお知らせ下さい。前売が完売した際には、予約をお受けできませんので、予めご了承下さい。


I Mean Us
imeanus 2015年に台北市で結成された5人組インディー・バンド。メンバーはChun Zhang (guitar/vocal)、Mandark Liang (synth/vocal)、Vitz Yang (guitar)、Hank Chen (bass)、Pam Lu (drums)。ドリームポップ、シューゲイズ、インディー・ポップに影響を受け、サイケデリックな90年代のシンセ・サウンドも盛り込み、ツイン・ギターの轟音サウンドにMandarkによる透明な女性ヴォーカルは浮世離れした浮遊感と高揚感をもたらす。架空のロードムービーのサウンドトラックというコンセプトで制作された本作『OST』は、すぐに台湾のインディー・リスナーを虜にし、Legacyでのリリース記念ライブをソールドアウトさせ、2019年もWake Up Festival、SXSW出演と躍進を続けている。


Luby Sparks(東京公演)
Photo_Lubysparks_ep_sub_fixed Natsuki (ba|vo) | Erika (vo) | Sunao (gt) | Tamio (gt) | Shin (dr)。
2016年3月結成。2017年7月には、UK|Derbyshireでのフェス「Indietracks Festival 2017」に日本のバンドとして唯一出演。2018年1月24日、Max Bloom (Yuck | ex.Cajun Dance Party)と全編ロンドンで制作したデビューアルバム「Luby Sparks」を発売。2018年11月07日、4曲入りの新作「(I’m) Lost in Sadness」をリリースしている。2019年1月17日に韓国のバンドSay Sue Meを招き、初の自主企画ライブ「Thursday I don’t care about you」を渋谷WWWにて開催した。これまでにThe Vaccines(UK)、Yuck(UK)、The Pains of Being Pure at Heart(US)など、海外アーティストの来日公演のフロント・アクトも数多く務めている。




17歳とベルリンの壁(東京公演)
17berlin_ArtistImage 「17歳、なにがすべてだった?」
東京都内で活動中のロックバンド。
シューゲイザー、ドリームポップ、ギターポップに影響を受けた音像に男女ツインボーカルによるどこか低体温なメロディーを乗せている。



Morningwhim(東京公演:O.A.)
5C17454A-8D5D-44E9-BAD3-D3035F8F6255 2019年5月結成。シンガーソングライターとして活動するYui、ベッドルームポッププロジェクト”Pale Beach”として活動するHide、同じサークルに所属するHikaru 、Ayaによるインディーポップバンド。
1st Single「Most Of the Sun Shines」をSoundcloudにて公開中。




揺らぎ(大阪公演)
yuragi2019spring シューゲイザー、ドリームポップ、ノイズミュージックに影響を受けたサウンド、透き通るような声のボーカル、轟音と繊細さを武器に、様々な音楽背景をもったメンバーが集まり関西を中心に活動中。




Tsudio Studio(大阪公演)
Tsudio Studio Photo 2018年に架空の神戸がコンセプトのミニアルバム「Port Island」をLocal Visionsから発表。
代表曲Azurがラジオ局の企画CDにBillie EilishやDisclosure、Superorganismらと共に収録される。
tofubeats氏の年間ベストに選出。2019年にはフルアルバムもリリース予定。



Attractions (福岡公演 / ASIAN NIGHT SUMMIT)
Attractions 2016年結成。全国から熱い視線を集める福岡のニューストリートカルチャーの一翼を担う4人組バンドで、福岡・大名のアパレルショップBINGOBONGOグループが立ち上げた音楽レーベル”GIMMICK-MAGIC”の第一弾アーティスト。
2017年8月『Knock Away』を配信リリース。Spotify「Early Noise」「Tokyo Rising」等数々の主要プレイリストを網羅。異例の60万回再生を超え、Apple Musicでは「今週のNEW ARTIST」に抜擢されるなど注目を集める。10月1stEP『Attractions』はその独自の音楽性からミュージシャン、クリエイターから高い評価を受ける。
2018年3月「サウス・バイ・サウスウェスト」に出演。現地関係者のラブコールで急遽追加公演決定等、当地でも反響を呼ぶ。
6月「Leilah」を配信リリース、2018年夏「SUMMER SONIC 2018」、「SUNSET LIVE 2018」など大型フェスに出演。12月初のフルアルバム「DISTANCE」を発売。
2019年3月から初となる東京・大阪・福岡のワンマンライブツアーを大成功に収める。



Black Boboi (福岡公演 / ASIAN NIGHT SUMMIT)
Black Boboi 2018年6月、音楽コミュニティレーベル「BINDIVIDUAL」の立ち上げをきっかけに、小林うてな、Julia Shortreed、ermhoiの3名で結成。
「Between Us 2」「Sleepwalk」の配信を活動のスタートに8月に初ライブを行い、今年1月に1stミニアルバム「Agate」をリリース。



村里杏(福岡公演 / ASIAN NIGHT SUMMIT)
murasatoan_cut 14歳から音楽活動開始。
ノイズユニット「電子たくあん」、ジャンクポストパンクバンド「白痴」、自己の持つ世界観を具現化したガールズバンド「TOKOTOKOTONNTOKO’S」など、ジャンルに縛られることがない多岐に渡る音楽家としての活動を経て、2017年より本格的にソロプロジェクトを始動。
作詞作曲全てを手掛けるだけでなく、宅録での完全自主制作アルバム『wan!』が完成し、2019年6月12日にリリース。5月22日はアルバムのリード曲「はくりこ」を先行配信リリースとなる。
カラフルでポップ、且つジャンルの壁を軽々とステップするオリジナリティ溢れる音楽性と、ファッションやメイクも含めライブで表現する世界観は未来を予感させる女性アーティストとして今注目を集めている。

Next postInterview - Sunshower