Feature
OST
Interview: I Mean Us (Taiwan)

  • jp
  • en




  • “― I Mean Usは人生の中で起こる美しいことやロマンティックなことを愛しています。『OST』には愛や憎しみ、出発のような全ての感情を詰め込んだんだ。”

    Interview & Translation by Naoki Morikawa (fastcut records)


    Q1. I Mean Usは2015年に結成されました。メンバーのMandarkは甜約翰 Sweet Johnのメンバーとしてもよく知られています。彼女個人のSoundCloudでは「Soulmate」という曲が3年前にアップされています。それはI Mean Usの「Søulмaтe」の原曲のように聴こえます。そしてそれがI Mean Usの始まりをのサインであったと推測しています。どのようにしてI Mean Usがスタートしたかをすこし教えてください。





    -Chun Zhang (Gt/Vo): 2015年の終わりに、僕は交通事故に遭ったんだ。事故から少し回復した頃に、ギターのVitzが僕からギター・エフェクターを借りたんだ。ひどく傷ついた顔で僕はVitzと会って、「一緒にシューゲイズ・バンドを始めないか?」って尋ねたんだ。それが僕らのストーリーのはじまり。

    その頃、Mandarkはすでにいくつかの作品をSoundCloudで公開していた(「Søulмaтe」の極初期のデモも)。だけど、彼女はまだどのバンドにも参加したことがなかった。それで僕はVitzを通じて、彼女にバンドに興味がないか誘ってみたんだ。驚くことに、彼女は僕にすぐに電話をくれて、メンバーとして加入してくれたんだ。その後、僕の高校の先輩にあたるHankを誘いました。彼と僕は学校で同じロック・ミュージックのサークルに所属していました。そしてI Mean Usの最後のパズルであるドラマーのPamは僕と、荒島という場所で楽器を学んでいたんだ。僕らは最初に会った時、My Bloody Valentineの「When You Sleep」とDIIVの「Doused」の2曲をカヴァーしたよ。

    -Mandark: 実際に「Søulмaтe」はI Mean Usとして制作した一番最初の曲でした。私のソロのデモは原型でした(私は仕事をしてる時に、こっそりとそのデモを録音しました)。ギターのVitzが気に入って、この曲は信じられないくらい良くなると信じて、アレンジと練習をしました。その間にメンバー全員で特別なアイデアを持ち合って曲を完成させました(I Mean Usはいつの間にか曲のアレンジを決定してしまうことがよくあります)。


    Q2. 各メンバーの性格を教えてください。

    Chun Zhang (guitar/vocal) : メンバーの中で精神年齢は一番年下です。

    Mandark Liang (synth/vocal) : 私はとても感情的でしたが、今はすこし成長しました。悲しいことに私の気分はまだ衝動的で暴力的です(ごめんなさい。私はライオンで、炎です)。

    Vitz Yang (guitar) : 私は村の古いメイドです。バンドの中の幸せの鳥です。

    Hank Chen (bass) : 普段はとても面白くて、フレンドリーですが、誰かが僕を攻撃したり、邪魔したりすると核兵器になります(牡牛座の人はわかると思うけど)。

    Pam Lu (drums) : いつも生真面目です。


    Q3. バイオグラフィに1990年代の音楽にインスパイアされたと書いていました。いくつかお気に入りの90年代のバンドを教えてください。 またI Mean Usに影響を与えた現代のドリームポップのバンドはいますか?

    Chun Zhang (Gt/Vo): 僕のオールタイム・フェイバリットは、My Bloody Valentine、Yo La Tengo、Teenage Fanclub、Slowediveです。僕らに影響付けた確かなドリームポップ・バンドはいないけど、M83は大好きです。


    Q4. 『OST』のテーマは架空のロードムービーのサウンドトラックです。インスピレーションを与えた映画や小説などはありましたか?

    -ロードムービーのコンセプトはChunが「Søulмaтe」に「ロードムービーのようにあなたを愛してる」とサブタイトルを付けたことから浮かび上がりました。そしてMandarkがその文章にしたがって、楽曲にそのイメージを反映しました。それらがこのアルバムを「OST(オリジナルサウンドトラック)」とし、タイトルに名付けるように導きました。

    Chun Zhang (Gt/Vo): 上記の通り、ロードムービーは「僕たちのオリジナルサウンドトラック」というコンセプトを意味しています。ストーリーの主役は僕たちのアルバムを聴く全ての人です。

    imuslive
    Q5. 2018年にアルバムのリリースパーティーが台北のLegacyで行われました。キャパ1000人がソールドアウトしたと聞いてきます。インディーバンドがLegacyでソールドアウトライブを行うのはとても難しいことだと思うのですが、何か意識的に他のバンドと違い、ファンにとって特別であるように心がけていることはありますか?

    Vitz: 僕らのプロデューサーやデザイナーんのサポートを本当に感謝しています。それと、ずっとアルバムの完成やコンサートの成功を応援してくれたたくさんの友達やスタッフにも感謝しています。そして僕らは僕たちの貴重な感情や特別な瞬間をオーディエンスに見せようと努力しています。


    Q6. 4月13日のレコードストアデイに『OST』がレコードとして日本でリリースされます。アルバムのいくつかのおすすめポイントを教えてください。

    -人生の中で起こる美しいことやロマンティックなことを愛しています。『OST』には愛や憎しみ、出発のような全ての感情を詰め込んだんだ。あなたの視覚から聴覚まで訴えるように全てはアルバムのデザインや曲に投影しています。


    Q7. 今年の3月にあなたたちはSXSW出演のためにオースティンに渡航しました。オースティンのショーはどうでしたか? それと一番印象に残っていることは何ですか?

    Hank: オースティンでのSXSWは驚くばかりでした。実際、僕らは偶然にも「Taiwan Beats」の前の夜にもう一つライブをすることになりました。それは僕らをウォームアップしてくれました。僕らの演奏はパーフェクトではなかったかもしれませんが、本当にすごい時間を過ごし、2つのショーの間たくさんの楽しみました。

    sxsw
    僕らにとって、SXSWでもっとも印象的なことは、僕らの視野を広げたことでした。それはアジアの音楽シーンとは全く違うものでした。オースティンのダウンタウンは巨大なカーニバルでした。ライブバンドの演奏や、路上パフォーマンス、カンファレンスがいたるところでありました。街を散策して興奮しながらショーを観ているうちにそこにいた人々はリラックスしていきました。僕らは今までにこのような体験をしたことがなくて、今も僕らを感動させています。僕らは日本のOtoboke Beaverをそこで観ました。彼女たちはクレイジーで最高でした。


    Q8.あなたたちのオススメの台湾のバンドを教えてください。現在の台湾インディーシーンをどう思いますか?Manic SheepやSunset Rollercoaster、Elephant Gymなど沢山の台湾のバンドがここ数年で日本でも人気となっています。

    -Mandark: 私は「知更 John Stoniae」と「13月終了 undecimber fin.」です。





    -Vitz: 台湾のインデイー音楽の多様化はますますエキサイティングで、カテゴライズ不能になってきています。あなたが上述したバンドを代弁するわけではないですが、私が知っているたくさんの台湾のバンドはバンドのキャリアを真剣に考え、自分たちのユニークなサウンドで、世界のリスナーの興味を惹かそうと熱心です。私たちもベストを尽くして、音楽に私たちの言葉を語らせます。


    Q9. 台北のオススメの場所はありますか?僕らがチェックすべき場所を教えてください。

    Mandark Liang : 荒花書店Wildflower bookstoreです。

    Hank:Chicaca store, 鴉埠咖啡Yaboo Cafe, 操場Fucking Place, 左輪Revolverかな。


    Q10. これから『OST』を手にする日本のファンにメッセージをください。

    - みんなをがっかりさせたりしません。







  • “I Mean Us love all of the beautiful and romantic things in life, and this time we pack all the feeling in this way. Such as love, hate, or departure. And all of them reflect on the album design and the songs, from your sight to your ears.”

    Interview & Translation by Naoki Morikawa (fastcut records)

    -Could you introduce all your members? 
    Q1. I Mean Us was formed in 2015, Mandark (Vocal/Synth) is well known as a member of 甜約翰 Sweet John. we can also listen to Mandark solo songs on her SoundCloud, she posted “Soulmate” 3 years ago. the song sounds like original version of “I Mean Us – Søulмaтe”. I Guess it is sign of the beginning of I Mean Us. please tell a little how I Mean Us started?




    -Chun Zhang (Gt/Vo): At the end of 2015, I happened to a car accident. When I recovered a little, Vitz (Gt) borrowed guitar effects from me at that time. I met and asked her with a serious injured face:”Do you want to started a Shoegaze band?” So this is how the story begins. At the time, Mandark (Key/Vo) already had some work on her Soundcloud (which including the very first demo of “Søulмaтe”), but she hasn’t participated in any bands yet. So I asked her willing through Vitz, surprisingly, I did not expect she called me and agreed immediately. After that I asked Hank (Bass). He was my senpai of senior high school, we both stayed in the same rock music club when we were in school. And finally, PP L (Drums) is the last piece of I Mean Us’s puzzle. Hank, PP L and I were all learning music instrument in the same place called 荒島 (meaning of “uninhabited island” in Chinese). We covered two songs when the first time we met: My Bloody Valentine – When You Sleep, DIIV – Doused.

    -Mandark: In fact, “Søulмaтe” is the earliest song which I wrote in the creation of I Mean Us. The first solo demo was a prototype (Actually secretly recording when I was at work.) Guitarist Vitz like it and believed that the song can be incredible, so she made the arranged and practiced. And then every member brings up their special ideas while practicing. (We often define the arrangement suddenly without knowing it)


    Q2. What are the personalities of each member of I Mean Us?

    Chun Zhang (guitar/vocal) : I am the youngest brother all the time (mental age).

    Mandark Liang (synth/vocal) : I used to be quite emotional in love, but now I am growing up, sadly my temper is still impulsive and violent. (Sorry, I am Leo, I am fire.)

    Vitz Yang (guitar) : An old maid in village. Happy bird of the band.

    Hank Chen (bass) :Usually quite funny and friendly but I’ll become a nuke if someone/something offends me or gets in my way. (Aries, you know.)

    Pam Lu (drums) : Always too serious.


    Q3. In your biography, you were inspired by 1990’s sounds. please tell me some names of 90s bands you love? and Are there any dream pop bands in present which inspired I Mean Us?

    Chun Zhang (Gt/Vo): My 90s all-the-time favorites: My Bloody Valentine, Yo La Tengo, Teenage Fanclub, Slowdive. I think there is no exactly “the dream pop band” which inspired us, but we do love M83 a lot!


    Q4. Theme of OST album is a fictional road movie. Are there any movies or novels which provided inspiration to OST album?

    -Actually the concept of road movie appeared is because Chun gave“Søulмaтe” a subtitle:”I love you like a road movie.” And then Mandark follow this sentence, calculating it back to music, which lead the music and the title of album become “OST”.

    Chun Zhang (Gt/Vo): As mentioned above, “road movie” is just a concept of “the original soundtrack between us”. The role of story could be anyone who listens to our album.

    imuslive
    Q5. album release party at Legacy, Taipei in 2018 was sold out (1000 audience). I believe doing sold out show in Legacy for an indie band is very difficult. Are there conscious things for being different from other bands and for being special for your fans?

    Vitz: We’re really grateful for the supports we have received from our producer, designer, and so many friends and staff who help us all the way from their heart to make the album and concert attractive. And then we try to show our precious, our feeling and those special moment to the audience.


    Q6. OST album will be released as Vinyl version on April 13th, RECORD STORE DAY in Japan. please tell some recommended points in this album?

    -I Mean Us love all of the beautiful and romantic things in life, and this time we pack all the feeling in this way. Such as love, hate, or departure. And all of them reflect on the album design and the songs, from your sight to your ears!


    Q7. You flied to Austin, USA to play at SXSW in March. How was the Austin show? what is the most impressive thing in US tour?

    Hank: The SXSW in Austin is awesome. Actually we accidentally had an opportunity to play one more show before Taiwan Beats night and that really warmed us up. Our performances may not be perfect, but we truly had great times and lots of fun when we played both shows.

    sxsw
    To us, the most impressive thing in SXSW is about expanding our horizons . That was a totally different music scene from Asia. The whole downtown in Austin was like a gigantic carnival. Live band shows, street performances and conferences are everywhere. People did feel relax while touring the city and sharing the shows they had watched with excitement. We have never seen something like this before and it still impresses us now. ( We saw Otoboke Beaver (JP) there. They are crazily impressive!)


    Q8. please tell us your favorite Taiwanese bands (at present / in the past, whichever). How do you feel Taiwanese Indie scene now? Lots of Taiwanese bands became popular in Japan in recent years, such as Manic Sheep, Sunset Rollercoaster, Elephant Gym etc.

    -Mandark: 知更 John Stoniae & 13月終了 undecimber fin.





    -Vitz: We believe the diversity of Taiwanese indie music is more and more exciting and uncategorizable. I do not represent the bands you mention above, but plenty of Taiwan indie band we know all take their band career seriously, and eager to attract audiences from all over the world with their unique taste. We do our best and let the music speak.


    Q9. Are there favorite places in Taipei? please tell some places where we should check?

    Mandark Liang: 荒花書店Wildflower bookstore
    Hank: Chicaca store, 鴉埠咖啡Yaboo Cafe, 操場Fucking Place, 左輪Revolver


    Q10. please give a word to Japanese fans who will get OST album from now on.

    It won’t let you down.



Previous postInterview - Sunshower Next postThe Embassy Japan Tour 2019