release

trip_japan


とびきりのキュートさとヴィンテージ感を兼ね備えたフロリダの3ピースによる2013年夏のノスタルジック・サマーポップ決定版!
メンバーはKimmy Drake (vocal/guitar)を中心にNatalie (bass)、Styler (drums) の3人。それぞれ別の場所に住んでいたが、ライブハウスで知り合い60′sのガールズ・グループの話題ですぐに意気投合。同じ家に引っ越して曲作りをスタートさせる。The Ventures、The Shangri-La’s、The Sonics、The Ramonesにインスパイアされたフロリダらしいサーフ・ガレージ・ポップはすぐにブルックリンの名門レーベル、Kanine Records (Chairlift, The Depreciation Guild, Eternal Summers, Surfer Blood, Dream Diary etc…) の目に止まりデビューが決定。2012年には『Beach Day』『Walking On The Streets』の2枚のシングルをリリース、遂に2013年にフル・アルバム『Trip Trap Attack』が完成! Jackie DeShannonの時代へとタイムスリップしたかのようなノスタルジックで心地良いソフトロック・サウンドと溌剌としたKinnyの歌声がチャーミングなM-1「Walking On The Streets」、The LikeやThe Pipettesに匹敵するガレージ・サウンドとグルーヴィーなハモンド・オルガンが炸裂するM-2「Boy」、バンド名を冠したM-3「Beach Day」はハンドクラップで脱臼したガレージ・ロックを聴かせるセンス抜群の1曲。矢継ぎ早にM-4「Stay」もモータウン~Staxファン直撃な鍵盤とファズ・ギターが炸裂するガーリー版Primal Scream「Rocks」と呼びたいキャッチーな1曲。Holeのようなロック・クイーンの風格を感じさせるM-11「Am I The Only One」やボーナス・トラックとして収録されたM-12「Get It Out Of Your Head」のThe Vaselinesをフロリダでサーフさせたようなアノラック・ポップも最高!mill design studioによる日本盤独自アートワーク仕様。[歌詞・対訳付き・解説:多屋澄礼 (Violet And Claire/Twee Grrrls Club)]

[CATALOG NUMBER] FCRD-051
[FORMAT] CD
[PRICE] 1800 yen (without tax)

TRACKLIST:
01. Walking On The Streets
02. Boys
03. Beach Day
04. Stay
05. Seventeen
06. Trip Trap Attack
07. Little Weird
08. Come Back To Me
09. Wasting All My Time
10. Am I The Only One
11. We’ve Gotta Go
12. Get It Out Of Your Head *
* Bonus Track for Japan

Previous postFCRD-052 | Screen Prints - Hum And Hiss (CD) Next postFCRD-050 | Summer Heart - About A Feeling (CD)