release

emma
大事件!80′sネオアコースティックの歴史の中でも最も入手困難なメガレア盤の一つに挙げられている幻の7インチ・シングルが限定復刻!
Fastcut Recordsと独・Firestation Recordsの共同制作による7インチ・シングル『When My Heart Rings EP』が大ヒットしたネオアコ~フェイク・ジャズ・バンド、Explained Emma。彼等が80年代に唯一残したシングルがこの1枚。A-Side「Unnecessary Strain」は、長めのドラム・フィル→グルーヴィーなベース・ライン→小気味良く刻まれるカッティング・ギターのリレーによる洒落たイントロに導かれ、Jack Penateみたいにソウルフルなヴォーカルやホーンのアッパーな駆け引きが楽しすぎるネオアコ系のDJに大人気のキラー・チューン!曲の最後の楽団的なサックスやトランペットによるソロのスリリングなパート・リレーまで、聴き逃し出来ません!B-Side「Fathers Day」はテンポを落とした哀愁漂うジャジー・ネオアコ。Everything But The Girlの名作『Eden』やLucinda Siegerにも通じる、気品溢れるスウィング・ジャズ・ナンバー。

[CATALOG NUMBER] FCEP-004
[FORMAT] 7 inch
[PRICE] 1286 yen (without tax)

Previous postFCEP-005 | The Starlets - Give My Regards to Betty Ford (7") Next postFCEP-003 | Kuryakin - Fought A War (7")