Processed with VSCOcam with c1 preset


Starry Eyed Cadet / Places We Don’t Belong
スターリー・アイド・カデット / プレイシズ・ウィー・ドント・ビロング


NYC POPFESTにも出演のサンフランシスコ在住の男女5人組インディー・ポップ・バンド、Starry Eyed Cadetによるドリーミーでハートウォーミングなデビュー・アルバムが明日(7/13)リリース!
サンフランシスコ在住の男女5人組インディー・ポップ・バンドStarry Eyed Cadet(スターリー・アイド・カデット)。
2015年2月10日に自主制作のEP『Starry Eyed Cadet』をリリース以降、 シンガポールのインディー・ポップ・バンドPleasantryとのスプリット・カセットのリリース、世界最大級のインディー・ポップ・フェスNYC POPFESTに出演を果たすなど勢力的に活動中。

待望の1stフル・アルバム『Places We Don’t Belong』はFastcutよりリリースが決定!

The Pains Of Being Pure At HeartやCamera Obscura、全盛期のSarah Recordsを彷彿とさせるキュートでレトロなインディー・ポップに、90sシューゲイズ・バンドの美しいフィードバックギターをシュガーコーティングしたドリーミーなサウンドは現行インディー・ポップ・ファンだけではなく60′sガールズ・ポップ・ファン〜90′sギターポップ・ファンにまで届く内容となっています。

まさにThe Pains Of Being Pure At Heartを彷彿とさせる男女ツインボーカルの疾走ギターポップ・ナンバー「M1. Worlds Collide」に始まり、Velocity Girlをキラキラのフィードバックギターでシュガーコーティングしたようなシューゲイズ・ポップ「M3. On The Run」、紅一点SallyのボーカルがThe Sundaysのように透き通る「M6. My Furry Friend」、Bell and Sebastian〜Camera Obscuraのようにレトロでスウィートな「M8. Sugar」など、60′sガールズ・ポップ〜80′sネオアコ〜90′sシューゲイズ〜現行インディー・ポップを取り込み、極上のメロディとドリーミー なサウンドでアップデートした珠玉の9曲入り。

For Fans of… Allo Darlin’, Belle and Sebastian, Camera Obscura, Lucy Van Pelt, The Pains Of Being Pure At Heart, The Pastels, Rocketship, The Softies, Velocity Girl…

【MORE INFO】
http://fastcut.jp/release/fcrd-060-starry-eyed-cadet-places-we-dont-belong-cd/

【ORDER】
http://fastcutrecords.com/?pid=104370710

Previous postFour Pens 四枝筆樂團 / Summer Tragedy 夏季悲歌 (7") Late September, 2016 Release! Next postStarry Eyed Cadet - Interview / "My Funny Friend" on Soundcloud