fcrd065



インディー・ポップ、ドリーム・ポップの魅力を凝縮したキャリア集大成となる傑作1stフル・アルバムがCDとアナログ盤でリリース!

Wallflower / Ever After (CD | LP)
ウォールフラワー / エヴァー・アフター
FCRD-065 | FCRD-065LP
2018年6月27日(水) 発売予定

■収録曲:
1(A1). Station #6
2(A2). I Wish Spring Would Last Forever
3(A3). Butterfly Kisses
4(A4). Golden Daffodils
5(B1). You’ll Be There
6(B2). Only In My Dreams
7(B3). Nowhere
8(B4). Thru The Night

■価格:
CD: 2,200円(税別)
LP: 3,000円(税別)

Wallflower(ウォールフラワー)は、大阪で結成された男女5人組インディー・ポップ・バンド。The Pains Of Being Pure At Heart、Alpaca Sports、Dylan Mondegreenら海外アクトとの共演や、2014年に台湾公演、2015年に世界最大級のインディー・ポップの祭典『NYC POPFEST』へ出演するなど、国内外のインディー・ファンから大きな支持を集める。

本作『Ever After』は、エンジニアにIan Catt、Kurt Feldman (Ice Choir)、The Bilinda Butchersを迎え、長い歳月をかけてレコーディング、ミックス作業を行っていたもので、1st EP『Filled With Flowers』でも聴くことができた甘酸っぱいインディー・ポップに加えて、The Radio Dept.やLake Heartbeatのような北欧ドリーム・ポップからの影響も消化し、ライブでも演奏していた名曲の数々を網羅した、国産インディー・ポップ、ドリーム・ポップの名作として永く語られていくであろう輝きで溢れた作品。

The ProctorsやAnother Sunny Day直系のアルペジオ・ギターが木漏れ日のように温かな疾走ナンバー「I Wish Spring Would Last Forever」、男女ツイン・ヴォーカルのインディー・ポップの理想形ナンバー「Butterfly Kisses」、ナカジマエリの透明なヴォーカルが印象的なアノラック・ポップ「Golden Daffodils」、彼らの敬愛するIan Cattがプロデュースを担当、美しいオーバーダビングも施された7インチ・シングルとしてもリリースされた名曲「Nowehere」、フラジャイルでシネマティックなアレンジが施された「Thru The Night」など、全8曲を収録。

ジャケットには中国の女性フォトグラファーのLi Huiの作品を使用し、アートワークはYuma Horiuchi (möscow çlub) によるもの。

また、アナログ盤はクリア・ヴァイナル仕様・インサート・ペーパー&ダウンロード・コード付属の初回生産限定盤となっている。

For Fans of…
The Field Mice, Northern Picture Library, Trembling Blue Stars, Aberdeen, The Wake, Ice Choir, Lake Heartbeat, Sophie and Peter Johnston, Yumi Zouma, Tops, etc…

Wallflower
wallflower_portrait
Wallflower are…
大阪で結成の男女5人組インディー・ポップ・バンド。
The Pains Of Being Pure At Heart、Alpaca Sports、Dylan Mondegreen、TOPSら海外アーティストとの共演や、台湾にてManic Sheep主催の「POP! POP! FEST」、中国・上海にて「Up A Tree – Indiepop Festival」、US・ニューヨークにて「NYC POPFEST 2015」に出演するなど、国内外に活動を拡げている。
これまでに、CDEP『Filled With Flowers』、7インチアナログ『Dreamy Days』、カセットテープEP『Out To Sea』、7インチアナログ『Nowhere』をリリース。
国内外のインディー・ファンから大きな支持を集めるなか、2018年6月に1stフル・アルバムをCD・アナログで同時リリース。

Next postComputer Magic Japan Tour 2018 in Osaka