韓国新世代SSW / シンセ・ポップ・アーティスト、OOHYOのデビューEPがアナログ・リイシュー!2024年8月21日(水)発売!

韓国生まれ、アメリカ育ち、イギリス留学中の2014年に『Girl Sense』でデビュー。Newjeans「Ditto」に作詞家として参加、BTSやf(x)のメンバーやHyokoh、Red Velvetのアイリーン等からリスペクト&ラブコールを受けている韓国新世代SSW / シンセ・ポップ・アーティスト、OOHYO(ウヒョ)。

2014年にリリースされた彼女の記念すべき傑作デビューEP『Girl Sense (少女感性)』がアナログ・リイシュー!2022年夏に開催された韓国のレコード・フェアで限定発売されたアナログ盤は即完売。本リイシュー盤は、Heo Hoy Kyung『Memoirs』のLPリリースに続く、韓国のMUN HWA INと日本のfastcut recordsによるレーベル・コラボレーション企画の第2弾としてリリースされる。

OOHYOのピアノとヴォーカルの素晴らしさを象徴し、イントロ10秒で一気に魅了するオープニング・ナンバーA1「This Is Why We’re Breaking Up」、UKクラブ・ミュージックからの影響を感じるLa La Laコーラスも軽やかなブギー・ファンクA2「Motorcycle」、夏の終わりを想起させる切ないメロディーが際立つ名曲バラードA3「Vineyard」は韓国語と英語の2ヴァージョンを収録。タイトル曲A4「Girl Sense 소녀감성100퍼센트」は初々しい韓国インディー・ポップの大名曲、ヴォーカルの素晴らしさが際立つ弾き語りナンバーB2「Teddy Bear Rises」などに加え、アナログ初収録となるPhiltreをフィーチャーしたB5「Friday」をボーナス・トラックとして収録。

◆A式ジャケット仕様、180g重量盤、歌詞カード封入。

<OOHYO(ウヒョ)>
韓国のシンガーソングライター、シンセ・ポップ・アーティスト。
2014年5月、本人が全て作詞・作曲した初のEP『Girl Sense』でデビューし、全収録曲を自ら作詞・作曲する音楽的能力と独特の個性的な音色でインディーズのルーキーとして浮上した。
翌年、初のフルアルバム『Adventure』を発表し、経験を通して得られるすべてのことは大小の冒険という視点で表現し、多くのリスナーの共感を得た。
また、2017年3月にはシングル「PIZZA」が全世界の音楽プラットフォームを通じて発売され、台湾、フィリピン、インドネシア、シンガポールのSpotifyで上位のチャートを記録。その後、有名プロデューサーのTony Dooganとスコットランドのインディー・ポップ・バンドのBelle and Sebastianが参加した代表曲「Dandelion」、「Youth」、「Honey Tea」、「Papercut」などのシングルを発表し、シンセ・ポップ・アーティストとして成長する姿を見せ、2019年4月には2枚目のアルバム『Far From the Madding City』を発表し、音楽的な栄養を積み重ねていった。
Netflix韓国ドラマ『賢い医師生活』で使用されたチョン・イングォン「While living Live」の再解釈カバーにより注目を集め、2023年10月に所属事務所から独立後初となったEP『OOHYO Returns』を発表し、デビュー9周年を記念した。



■アーティスト:OOHYO
■タイトル:Girl Sense
■レーベル:fastcut records
■仕様:LP(180g)
■品番:FCRD-095LP
■発売日:2024年8月21日(水)
■販売価格:税込4,400円(税別4,000円)
■収録曲
A1. This Is Why We’re Breaking Up
A2. Motorcycle
A3. Vineyard
A4. Girl Sense 소녀감성100퍼센트
B1. Piano Dust
B2. Teddy Bear Rises
B3. Vineyard (Eng Ver.)
B4. Girl Sense 소녀감성100퍼센트 (Radio Edit)
B5. Friday feat. Philtre *
*Exclusive on vinyl

Previous postMegumi Acorda Japan Tour 2024 Next postMONOLAND / COONING (LP)