artist

little
[members]
Linus Lutti

[about Little Children...]
ストックホルム在住のSSW、Linus Luttiがテニスコーツとのレコーディングで知られるTapeのメンバーと共に完成させたデビュー・アルバム。Nick Drake、KIngs Of Convenienceの先にある悲しく、美しい北欧アコースティック・フォークの奇跡。

Idiot Kidという男女エレクトロニカ・ユニットで活動していたLinus Luttiによるソロ・ユニット=Little Children。本国ではKoopやAce Of Base、Micadeliaなどの北欧トップ・ミュージシャンを抱えるPlayground Musicと契約。リリース前ながらスウェーデンで最も成功が約束されたアーティストと賞賛を受けている。

前バンドでの美しいメロディはそのままに、このソロ・ユニットではテニスコーツとのコラボレーションでも知られる3人組Tapeのメンバーが全面参加。Nick Drake、Colin Blunstoneを彷彿とさせる美しく切ないアコースティック・ギターとメロディにTapeによるスピリチュアル~フリー・ジャズ的アレンジが見事に溶け合う傑作。

穏やかな歌い出しの「Salvation」は静かに響くアコースティック・ギターとTomas Hallonstenによるピアノを中心に、途中の転調により、北欧の広大な草原を駆け抜けるような壮大な風景に聴き手を引き込んでいく。

Fastcut Recordsのリリース史上もっとも静寂のアルバムにして、最大の感動を運んでくれる作品です。Nick DrakeやVashti BunyanなどのSSWファンは勿論、Radiohead『OK Computer』やAntony & The Johnsonsのファンにまで聴いて欲しい傑作です。

[releases]
FCRD-024 “In Silence” (2010) [detail]

[official]
http://www.myspace.com/littlechildrenmusik


Previous postDylan Mondegreen Next postSpencer McGillicutty