artist

Still-Parade---Front
[member]
Nikras Kramer

[about Still Parade...]
Niklas Kramer(ニクラス・クレイマー)によるドリーム・フォーク・プロジェクト、Still Parade(スティル・パレード)。
2013年5月20日にデビューシングル『Actors』をリリース以降、Art Is Hardのシングルス・クラブでのリリース、
今年に入りSXSW出演、スウェーデン・ツアーを敢行するなど勢力的に活動中。

Todd RundgrenやCrosby Stills & Nash、The Beach Boysなどをルーツに感じさせつつも、
Toro Y MoiやTame Impala、Breakbotにも通じる現代型インディー/アーバン・ポップは、
Niklasの甘いヴォーカル、絡み合うシンセやギターの心地よさでドリーミーなStill Paradeの世界へと誘う。

Daryl Hall & John Oates「I Can’t Go For That」のようなヴィンテージな質感漂うアーバン・ポップ「Walk In The Park」、
既にSoundCloudで14万回以上再生された「07:41」、リラックスした極上のアーバン・ポップ「Let Go」など、
すぐに心に染み込浮遊感のあるメロディや、切ない情景を思い起こさせるサウンドは、
北欧のバンドやUK/USのドリーム・ポップ・バンドともシンクロする。
日本盤ボーナス・トラックとして、アルバム未収録の「Reaction」「Lisbon」を追加収録。

[releases]
FCRD-062 “Concrete Vision” (2016) [detail]

[official]
http://www.stillparade.com/

[video]

Previous postStarry Eyed Cadet Next postSilver Screen