release

ovdj001

Fastcut Records初のコンピレーションCD。
デトロイトのサッド・フォークAu Revoir Borealisの美しいスロウ・ナンバーM-1で幕を明け、世界放浪の旅を続ける夫婦デュオRue Royaleの日本未発表の珠玉のウィンター・ソングM-2、アルペジオ・ギターが眩しいexloversの即完売デビュー・シングルM-3、Lake Heartbeat傑作アルバムから美しいギターとコーラスが印象的なミディアム・ナンバーM-4、Dylan Mondegreen 2ndアルバムを象徴するピースフルな北欧の風を感じさせるアコースティック・ソングM-5。

遂にアルバム『A New Day』を完成させたKuryakinはネオ・アコースティック・モードなキラーM-6、愛すべきUSインディー・ポップ・バンド、Bearsはアルバム未収録のM-7、モッドでガーリーなドイツのデュオ、The Soulboy CollectiveはFastcutから7インチ・リリースされたグルーヴィーなM-8、9月に日本デビュー予定のSpencer McGillicuttyはアルバム『Games』からロジャニコ風ソフトロックM-9、先日の来日もすばらしかったスペインのガール・トリオ、Boat Beamは新作『Paper Birds』からの軽快なピアノ・ポップM-10。

来日ツアーも大成功に終え、ニュー・アルバムへ向かうThe Pains of Being Pure at Heartはスコティッシュ・マナーなM-11で、グラスゴーの名バンドThe Suede CrocodilesによるM-12と時代と国境を越えての80′sスコティッシュ・ポップ対決!?

Surfer Bloodはアルバム中でも最高だったオルタナ・インストM-13、チャプター・ハウスmeetsマジー・スターなSad Day For Puppetsによるニュー・アルバムからのM-14、カート・フェルドマン率いるThe Depreciation Guildはニュー・アルバム『Spirit Youth』冒頭を飾るドリーム・ポップM-15、Marcus JoonsとThe Radio Dept.のDanielによるKorallrevenはAcephaleからも7″リリースされた初のヴォーカル入り曲となるM-16、グラスゴーの天才SSW、ビフ・スミス率いるThe Starletsは屈指のスロウ・ナンバーM-17、最後を締めくくるLittle Childrenはデビュー・アルバムから静かに、悲しいアコースティック・ソングM-18。

[CATALOG NUMBER] OVDJ-001
[FORMAT] CD
[PRICE] FREE

TRACKLIST:
01. Au Revoir Borealis – Genius of Escape Who Will Startle & Amaze
02. Rue Royale – Snow on Snow (The Bleak Midwinter)
03. Exlovers – Just A Silhouette
04. Lake Heartbeat – Build The Wall Up
05. Dylan Mondegreen – The World Spins On
06. Kuryakin – Killing Time
07. Bears – Had To Read
08. The Soulboy Collective – It’s All Because Of You
09. Spencer McGillicutty – Hide and Seek
10. Boat Beam – Commitment to the Company
11. The Pains of Being Pure at Heart – Falling Over
12. The Suede Crocodiles – Crying Over You
13. Surfer Blood – Neighbour Riffs
14. Sad Day For Puppets – Such A Waste
15. The Depreciation Guild – My Chariot
16. Korallreven – The Truest Faith
17. The Starlets – Maggie loves Hopey
18. Little Children – Salvation

Previous postFCRD-026 | Wild Nothing - Gemini (CD) Next postFCRD-025 | Kuryakin - A New Day (CD)