artist

mybubba
[members]
My Larsdotter (Vocal, Harp)
Guðbjörg Tómasdóttir (Vocal, Guitar, Mandolin)

[about My Bubba & Mi...]
スウェーデン出身のミィ、アイスランド出身のグッビョルグを中心にコペンハーゲンのアパートメントで結成されたネオ・フォーク~カントリー・リバイバル・ バンド=My bubba & Mi。北欧ガールズなのにハワイアン・ブルースを歌い、レイキャビックからイタリアへ飛び、マフィアの溜まり場近くのスタジオでレコーディングされた 『How It’s Done In Italy』は、すぐに世界の好事家リスナーの耳に届き、Iceland Airwaves (IS)、Into The Great Wide Open (NL)、 The Band Room (UK)、Eurosonic 2011 (NL)などに出演、キュートなルックスとレトロを追求した40′s~50′sスタイルのファッション、その佇まいが話題を呼ぶ。2011年にはCMJ (USA)にも出演が決定。

オランダではThe Black AtlanticリリースでFastcut Recordsとコラボレーションしたレーベル、Beep! Beep! Back up the Truckからリリースされたアルバムにババの3年に渡る活動の中でのベスト・フォトをピックアップ、写真コメントに日本語訳を付けた36Pのフォトブック、ボーナス・トラック3曲を追加した限定CDにてMy bubba & Miの日本リリースが決定!

汽笛のSE と心地良いアコギ・カッティングが40′s-50′sレトロな世界にタイムスリップさせる「Steamengeene」、途中のリズム・チェンジも小粋な 最高のスロウモーション・カントリー「I Will Never Love A Young Boy Again」は無人島へ持っていきたい超名曲。ラグタイムなハワイアン・ナンバー「Hwaii Blus」、ダン・ヒックスみたいなアコースティック・スウィングの「Wild and You」など、とびきりキュートで洒落た女子二人組による世界最高のカントリー・ミュージック。YouTubeで話題となった「Peaches」など日本盤のみのボーナス・トラックを3曲追加収録!

[releases]
FCRD-040 “How It’s Done In Italy” (2011) [detail]

[official]
http://mybubbaandmi.com/

[Video]

Previous postIce Choir Next postPepper Rabbit