artist

simian
[members]
Sebastian Arnström
Erik Klinga
Mathias Zachrisson

[about Simian Ghost...]
Simian Ghostは北欧ポストロック名バンド、AERIALのSebastian Arnströmを中心とした3人組。First Love, Last Rites、Mixtapes & Cellmates擁するスウェーデンのレーベル、Nomethodから1stアルバム『Infinite Traffic Everywhere (2011)』、続く2ndアルバム『Youth (2012)』はThe ConcretesやThe Whitest Boy Aliveなどをリリースする名門Playground Musicからリリース、UKではHeist Or Hit RecordsからリリースされThe Guardian、The Times、MOJOなどで絶賛された。2014年に完成した待望の3rdアルバムは前作から更に大きく飛躍した全18曲入りの大作!

まるで18曲がエンドレスでリピートできるような仕掛けとなった本作は、The High Llamas『Hawaii』やThe Flaming Lips『The Soft Bulletin』のように一つの物語のように展開。冒頭「Float」~「Cut-Off Point」、そして最初のリード曲「A Million Shining Colours」へと繋がる3曲で一気に聴き手の体を宙へと浮かばせ、その後に続く美しいワルツ・リズムのデュエット曲「Echoes Of Songs (For Trish Keenan)」で深淵な世界へ誘い、『Pet Sounds』への憧憬を感じさせる秀逸なハーモニーの「The Ocean Is A Whisper」、コーネリアス的シューゲイズ・ポップの「I Will Speak Until I’m Done」、繊細なアルペジオと抜群の号泣メロディで彼方へ誘う「Scattered And Careless」、Phoenixの1st期のようなアーバン・ディスコティック・インディー「Never Really Knew」と名曲ラッシュ。感動的なエンディングへと向かう後半にも、冷えたギターの疾走感がクールな「The River Ouse」、Sigur Rósも彷彿とさせる壮大なスロウ・ナンバー「Endless Chord」、そして感動のファイナル「The Veil」へと向かう最高の60分。

洋楽リスナーのみならず、キリンジ、コーネリアス、ミツメなどの国内バンドのファンにも支持されそうな2014年ベスト・インディー候補が年明け早々にリリース!

[releases]
FCRD-053 “The Veil” (2014) [detail]

[official]
https://www.facebook.com/simianghost

[youtube]

Previous postScreen Prints Next postAlpaca Sports