news

fcrd065



インディー・ポップ、ドリーム・ポップの魅力を凝縮したキャリア集大成となる傑作1stフル・アルバムがCDとアナログ盤でリリース!

Wallflower / Ever After (CD | LP)
ウォールフラワー / エヴァー・アフター
FCRD-065 | FCRD-065LP
2018年6月27日(水) 発売予定

■収録曲:
1(A1). Station #6
2(A2). I Wish Spring Would Last Forever
3(A3). Butterfly Kisses
4(A4). Golden Daffodils
5(B1). You’ll Be There
6(B2). Only In My Dreams
7(B3). Nowhere
8(B4). Thru The Night

■価格:
CD: 2,200円(税別)
LP: 3,000円(税別)

Wallflower(ウォールフラワー)は、大阪で結成された男女5人組インディー・ポップ・バンド。The Pains Of Being Pure At Heart、Alpaca Sports、Dylan Mondegreenら海外アクトとの共演や、2014年に台湾公演、2015年に世界最大級のインディー・ポップの祭典『NYC POPFEST』へ出演するなど、国内外のインディー・ファンから大きな支持を集める。

本作『Ever After』は、エンジニアにIan Catt、Kurt Feldman (Ice Choir)、The Bilinda Butchersを迎え、長い歳月をかけてレコーディング、ミックス作業を行っていたもので、1st EP『Filled With Flowers』でも聴くことができた甘酸っぱいインディー・ポップに加えて、The Radio Dept.やLake Heartbeatのような北欧ドリーム・ポップからの影響も消化し、ライブでも演奏していた名曲の数々を網羅した、国産インディー・ポップ、ドリーム・ポップの名作として永く語られていくであろう輝きで溢れた作品。

The ProctorsやAnother Sunny Day直系のアルペジオ・ギターが木漏れ日のように温かな疾走ナンバー「I Wish Spring Would Last Forever」、男女ツイン・ヴォーカルのインディー・ポップの理想形ナンバー「Butterfly Kisses」、ナカジマエリの透明なヴォーカルが印象的なアノラック・ポップ「Golden Daffodils」、彼らの敬愛するIan Cattがプロデュースを担当、美しいオーバーダビングも施された7インチ・シングルとしてもリリースされた名曲「Nowehere」、フラジャイルでシネマティックなアレンジが施された「Thru The Night」など、全8曲を収録。

ジャケットには中国の女性フォトグラファーのLi Huiの作品を使用し、アートワークはYuma Horiuchi (möscow çlub) によるもの。

また、アナログ盤はクリア・ヴァイナル仕様・インサート・ペーパー&ダウンロード・コード付属の初回生産限定盤となっている。

For Fans of…
The Field Mice, Northern Picture Library, Trembling Blue Stars, Aberdeen, The Wake, Ice Choir, Lake Heartbeat, Sophie and Peter Johnston, Yumi Zouma, Tops, etc…

Wallflower
wallflower_portrait
Wallflower are…
大阪で結成の男女5人組インディー・ポップ・バンド。
The Pains Of Being Pure At Heart、Alpaca Sports、Dylan Mondegreen、TOPSら海外アーティストとの共演や、台湾にてManic Sheep主催の「POP! POP! FEST」、中国・上海にて「Up A Tree – Indiepop Festival」、US・ニューヨークにて「NYC POPFEST 2015」に出演するなど、国内外に活動を拡げている。
これまでに、CDEP『Filled With Flowers』、7インチアナログ『Dreamy Days』、カセットテープEP『Out To Sea』、7インチアナログ『Nowhere』をリリース。
国内外のインディー・ファンから大きな支持を集めるなか、2018年6月に1stフル・アルバムをCD・アナログで同時リリース。

2018年7月に開催されるComputer Magicのジャパン・ツアーの大阪公演をTugboat Records協力のもと、開催することとなりました。

Tugboat Records × Fastcut Records present “Computer Magic Japan Tour 2018 in Osaka”

computermagic2015_flyer
Tugboat Records × Fastcut Records present 『Computer Magic Japan Tour 2018 in Osaka』

日時: 2018年7月21日(土)
会場: CONPASS (大阪 心斎橋)
開場:18:30 / 開演:19:00
料金:前売り 4,500円 / 当日 5,000円 (税込 / ドリンク代別)
予約: info@fastcut.jp
※件名に7/21 Computer Magic予約、本文に氏名・枚数を記載し送信ください。

プレイガイド 4/16(月)発売
ぴあ:Pコード【114-813】
ローソン:Lコード【53747】
e+:URL【近日公開】


出演:Computer Magic, and more


Computer Magic
CM




NY在住のダニエル・ジョンソン (愛称 :ダンジー)がDJやグラフィック・デザイン活動と並行して活動し始めたプロジェクト「Computer Magic」。
世界中から問合せが殺到したCMに楽曲が採用され、また、日本でも数多くのCMオリジナルソングを書き下ろすだけでなく、幾つものアパレル・ブランドのアンバサダーも務める大注目のアーティスト。自らの愛称でもあるDanz(ダンジー)と名付けた待望のセカンド・アルバムを2018年3月リリース。


BBS_japantour2018_web_tate_0328
2018年5月にThe Bilinda Butchersの二度目の来日ツアーが決定しました。東京公演はThe Bilinda Butchersとスプリット7インチを今夏にリリース予定のLamp、大阪公演はアルバム『Ever After』を6月にリリース予定のWallflower、名古屋公演はkyoto shoegazer x muso japan企画、現在softsurf、me in grasshopperの出演が決定しています。

イベント詳細、ご予約はfeatureのページから。

FCRD-064LP
圧倒的な才能を数々の作品やライブで記録してきた、国内で最も重要な音楽家の一人、haruka nakamura。
新作『アイル』で魅せた世界のルーツともなる、名盤デビュー・アルバムが10年の時を経て遂にアナログ・リリース!


haruka nakamura / grace (LP)
FCRD-064LP
2018年4月20日(金) 発売予定

■収録曲:
A1. every day
A2. arne
A3. opus
A4. ralgo
A5. elm
A6. luz

B1. lang
B2. cielo
B3. elm/2
B4. sign
B5. lamp
B6. grace
B7. cadenza

■価格:3,000円(税別)

2008年にscholeレーベルより発表されたデビュー・アルバム『grace』が、10年の時を経てfastcut recordsより初のアナログ・リリース。
穏やかなガットギターとJanis Crunchのリリカルな歌声が淡い電子音と溶け合う、キャリアの幕開けを飾るに相応しいA1「every day」。
サンプリング・ループによる悲しいリフレインと心に浸透していく美しいギターが心地良い、奥山由之氏がMV監督を手掛けた代表曲A2「arne」。
後にNujabesとの素晴らしいコラボレーションにてHydeout Productionsからのアルバム『Melodica』 に再収録された名曲B5「lamp」など全13曲を収録。
盟友である田辺玄によってリマスタリングが施された楽曲は「まさにあの頃求めていた音です」と、本人が語るほど新しい輝きを携えています。

For Fans of… Aspidistrafly, Gigi Masin, Goldmund, Helios, Janis Crunch, Kadan, Marz, Nils Frahm, Nujabes etc…

haruka nakamura
artist
音楽家/青森出身


最新作は「光」
東京カテドラル聖マリア大聖堂、広島世界平和記念聖堂などの教会、重要文化財を中心に、台湾、シンガポールなど海外公演含めロングツアーを行なった記録を収録。

代表作はnujabesと共作した「lamp」
奥山由之がMV監督を手掛けた「arne」など。
原田郁子の呼びかけにより、吉祥寺キチムにて写真展を行い写真集「∞」を発表。
坂本美雨、畠山美由紀、majiko、Aimerなどの歌い手に楽曲提供、ライブバンドアレンジ、MVのディレクション、remixなどを手掛ける。

NHK BSプレミアム「ガウディの遺言」のテーマソング、音楽全般を担当。
NHK「星野道夫 旅をする本の物語」へ音楽提供。
杉本博司「江之浦測候所」の映像音楽を制作し、Casa BRUTUSにて公開。
自身の楽曲が原題となり劇伴も務めた映画「every day」が公開。アパレルブランドevam evaとのコラボレーションでは長年に渡り展示演奏会を重ね、オリジナルアルバム「ゆくさき」を発表。tamaki niimeなどともコラボレーションを行う。翻訳家、柴田元幸の朗読とのセッションを繰り返し、それを録音したアルバム「ウインドアイ」を発表。
CITIZEN、SONY、BOTANIST、TOYOTA、直島美術館などCM作品を手掛ける。ミロコマチコのライブペインティングなどとのセッションも。


「FOLKLORE」で旅を続けている。



HP
www.harukanakamura.com

fastcut records proudly announce the release of vinyl edition of haruka nakamura’s 1st album “grace” after 10 years from original release on schole records in 2008.

A gentle guitar guitar and Janis Crunch’s lyrical singing voice blend with a pale electronic sound, “every day” is suitable for decorating the beginning of his career. A singular refrain by sampling loop and a beautiful guitar penetrating the mind are comfortable, a representative song “arne” which Mr. Yoshiyuki Okuyama directed music video.

Later on in a wonderful collaboration with Nujabes the masterpiece “lamp” re-recorded in the album “Melodica” from Hydeout Productions.

13 songs was remastered by Gen Tanabe, reliable allies of haruka in February, 2018. Ater listening to new mastered songs, haruka himself said “I heard that sound was exactly what I was looking for”. the album has a new radiance now.

staffwantedFullSizeRender
いつもご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
株式会社ファストカットでは、弊社を一緒に盛り上げてくれるスタッフを募集しております!


<仕事内容>
『fastcut records』 レコード・CD販売。
『paper birds.』 レディース・アパレル販売。

◇接客、検品、商品管理、発送など、上記2つの部門に関わる業務全般。
◇Twitter、Instagram等、SNSへの投稿。(得意な方大歓迎です!)
※アパレル部門では撮影の際に着用モデルになっていただく場合もございます。

<勤務地>
◇勤務先:株式会社ファストカット
〒550-0015 大阪市西区南堀江1-20-6 M’s 325 2F fastcut records | paper birds. (地図)
最寄り駅:大阪市営地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅

<勤務時間>
◇火曜日~日曜日の中で応相談、シフトは月ごとに作成。(土日祝入れる方大歓迎です!)

<経験・資格>
◇男女不問、20〜35歳未満 ※学生不可
◇明るく前向きで健康な方
◇未経験者可

[歓迎するスキル]
◇英語での日常会話やメールのやりとりが出来る方
◇Webデザインの出来る方
◇Illustrator、Photoshop、Excelの基本的な操作が出来る方
◇弊社で取り扱っているような音楽ジャンルが好きな方

<給与>
◇雇用形態:アルバイト/パート
◇時給:900円~

<待遇・福利厚生>
◇昇給あり
◇交通費規定支給
◇社会保険制度あり(フルタイム勤務の場合)
◇研修期間あり
◇スタッフ割引制度あり
◇私服勤務
◇社員登用あり

<応募>
顔写真付きの履歴書を下記住所へ郵送、またはメールアドレスまでお送りください。
質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※書類選考通過者のみ、追って面談日程をお知らせいたします。
※応募書類に記載された個人情報は、採用選考以外の目的で使用することはございません。
※応募書類については返却いたしませんので、ご了承ください。
※採用者が決定次第、応募を締め切らせていただきます。

[送付先]
〒550-0015
大阪市西区南堀江1-20-6 M’s 325 2F
株式会社ファストカット
採用担当:森川・村上
tel. 06-6606-9269
mail. info@fastcut.jp

FCEP-026_sleeves_green_表1
90年代の日本のネオアコースティック・シーンの重要レーベルであったUnder Flower傘下のpushbikeレーベル初期のコンピレーションや、Tip Top Planetsのメンバーによるレーベル、Chocolat Art Recordsに幻のカセットテープを残した東京の4人組ネオアコ・バンド、Sunny Gets Blue(サニー・ゲッツ・ブルー)。

もしバンドと連絡が付くならば、復刻を手がけたいと思っていたpushbikeレーベルのバンドの一つで、バンドと親交のあったCandy Eyesのメンバー小笠原さん、Sunnycherの黒米さんのご協力により、Sunny Gets Blueのギタリスト福田氏、under flower/pushbikeレーベルのオーナー、田中さんにコンタクトを取ることができました。

SunnycharとのスプリットCD『Teenage Speedster on Sunny Monday Morning』とメンバーが所有するカセットテープ音源のマスタリングを昨年の夏に行い、7インチとCDのセット仕様にてfastcutからリリースが決定しました。

4年ほどの活動で当時もあまり情報が無かったSunny Gets Blue。
Vocal/Guitarの安部さんに当時のバンドやpushbike周辺の話をインタビューしました。
是非ご覧ください。

Interview – Sunny Gets Blue

Sunny Gets Blue / At The Brilliant Corners (7″+CD)

FCEP-026
2018年3月下旬〜4月中旬リリース予定

■収録曲:
<7インチ>

A. At The Brilliant Corners
B1. S.S.J
B2. Funny Weekends

<CD>

1. S.S.J
2. Funny Weekends
3. Girlfriend
4. At The Brilliant Corners
5. Sometimes, I Remember
6. This Feeling (demo)
7. Boy Should Go!
8. I Go Down To The Sea
9. Marinegirl
10. Riding On The Motorcycle
11. Here We Go Round The Mulberry Bush
12. Haven’t We Met
13. Bye Bye Mr. Raindrop
14. Convertible In Almond Blue
15. Hours And Times

■価格:
1,600円(税別)

2018 japan tour poster
スウェーデンとアイスランドの女性デュオ、My Bubbaの来日公演が急遽決定しました。
東京は限定20名さまの2公演、神戸は旧グッゲンハイム邸にて開催いたします。

イベント詳細、ご予約はfeatureのページから。

2018年3月に開催されるHazel Englishのジャパン・ツアーの大阪公演をTugboat Records協力のもと、開催することとなりました。

Tugboat Records × Fastcut Records presents “Hazel English Japan Tour 2018 in Osaka”

hazel_fly0109
Tugboat Records × Fastcut Records presents 『Hazel English Japan Tour 2018 in Osaka』

日時: 2018年3月3日(土)
会場: CONPASS (大阪 心斎橋)
開場:18:30 / 開演:19:00
料金:前売り 4,000円 / 当日 4,500円 (税込 / ドリンク代別)
予約: info@fastcut.jp
※件名に3/3 Hazel English予約、本文に氏名・枚数を記載し送信ください。

プレイガイド:[e+] [ローチケ:Lコード 55291] [チケットぴあ:Pコード 106-176]

出演:Hazel English、Luby Sparks、Juvenile Juvenile


Hazel English
HAZEL-ENGLISH-that-thing-TEASER.00_00_05_16.Still008


オーストラリア、シドニー生まれのシンガーソングライター。交換留学をきっかけにアメリカ西海岸に住み着き、音楽活動を開始。グラミー「最優秀新人賞」にノミネートされたコートニー・バーネットを擁する英の新興レーベル<Marathon Artists>が契約を交わし、満を持して送り出す期待の新人。毎年米にて3月に開催される新人アーティストの登竜門的存在の音楽祭SXSW2018に出演も決定する中、待望の初来日公演が東京/大阪にて決定!世界的ブレイク間近の貴重な機会をお見逃しなく!


Luby Sparks

Photo_LS


Natsuki(ba|vo)、Emily(vo)、Sunao(gt)、Tamio(gt)、Shin(dr)、現役大学生の5名によって、2016年3月結成。
7月、結成から3回目のライヴでThe Bilinda Butchers(US)、Manic Sheep(台湾)のダブル来日公演にDYGLと共に出演。
同月、1stカセットシングル「Pop. 1979」(Miles Apart Records)をリリースし即完売。
9月には、Yuck(UK)の広島での公演、12月、Ice Choir(US|ex.The Pains Of Being Pure At Heart)、その後も多くの海外バンドの来日公演に出演。
2月、7インチ・シングル「Hateful Summer」(Sailyard|Fastcut)をリリース。
7月、UK|Derbyshireでのフェス「Indietracks Festival 2017」に日本のバンドとして唯一出演。
9月20日、3曲入CD「Thursday」を一部店舗のみ限定で販売、10月14日、YUCKとのスプリット・カセット「Yuck / Luby Sparks」をリリース。
2018年1月21日、The Pains Of Being Pure At HeartのWWWX公演にサポート・アクトとして出演。
Max Bloom(Yuck|ex.Cajun Dance Party)とロンドンで制作したデビューアルバム「Luby Sparks」が2018年1月24日に発売。


Juvenile Juvenile

unspecified


大阪府箕面市で結成された男女4人組ドリームポップバンド。UKを含む海外レーベルからリリースオファーを受けるなか、FLAKE RECORDSより1st EP『Don’t Tell Your Friends』、1stアルバム『Our Great Escape』をリリース。また、2016年8月にはThe Bilinda ButchersのMichael Palmerをプロデューサーに迎えた初のシングル『Planet Heaven / Perfect Lies (7″+CD)』をリリース。
マイペースな活動ながら、Letting Up Despite Great Faults(US)、TOPS(CA)、Night Flowers(UK)、The Brights(UK)等の海外アクトとの共演や、2017年5月には上海にて海外公演を行うなど活動を拡げている。

7/8(土)に開催されるレーベルの周年イベント『Overdose of Joy』に出演のFour PensとSheeprintの関西での追加公演が決定しました。

『Overdose of Joy』でFour PensとSheeprintが共演することが決定し、このタイミングでもっと沢山の場所で演奏できればと思い、京都ではSheeprintともゆかりのある、night crusingの島田さんにmiaouとsmougのリリースツアーにFour PensとSheeprintをブッキングしてもらい、Four Pens単独では、ワーキングホリデーで昨年メンバーのサニーが素晴らしい1年を過ごした旧グッゲンハイム邸で、ゲストに彼らのプロデューサー、Yuchain Wangとpopoを招き、美しい最終日を迎えます。

Four Pens
fourpens_artist
7/8(土) fastcut records presents 『Overdose of Joy』
7/9(日) night cruising presents 『Four Pens × Sheeprint × miaou × smoug at.METRO』
7/12(水) fastcut records presents 『Four Pens Japan Tour Final at 旧グッゲンハイム邸』

Sheeprint
kichimu-700x430
7/8(土) fastcut records presents 『Overdose of Joy』
7/9(日) night cruising presents 『Four Pens × Sheeprint × miaou × smoug at.METRO』

京都メトロ公演、神戸グッゲンハイム公演の詳細については、下記よりご確認頂けます。

京都公演(Four Pens, Sheeprint出演)
night cruising presents 『Four Pens × Sheeprint × miaou × smoug at.METRO』

日時:2017年7月9日(日)
会場:METRO (京都 神宮丸太町)
開場:16:00 / 開演:16:30
料金:前売り 2,800円 / 当日 3,300円 (税込 / ドリンク代別)
予約: info@nightcruising.jp

出演:Four Pens (from Taiwan), Sheeprint, miaou, smoug
DJ:RAIJIN (night cruising)

神戸公演(Four Pens出演)
fastcut records presents 『Four Pens Japan Tour Final at 旧グッゲンハイム邸』

日時:2017年7月12日(水)
会場:神戸・旧グッゲンハイム邸
開場:19:00 / 開演:19:30
料金:前売り 3,000円 / 当日 3,500円 (税込)
予約:guggenheim2007@gmail.com

出演:Four Pens (from Taiwan), Yuchain Wang (from Taiwan), popo

Yuchain Wang
18386851_1846222652295497_1651154088_n


台湾を拠点としたSSW。本国ではGreen!Eyes、Moontegのフロントマンとして知られ、インディーミュージックのプロデューサー/オーディオ・エンジニアとして、沢山の台湾のアーティストの作品をプロデュースする重要人物。共演するFour Pensの7″シングル『Summer Tragedy』は彼のスタジオ、Rooftop Audioでプロデュース、録音された。

popo
popo
山本信記 trumpet, synth
江崎將史 trumpet, recorder
喜多村朋太 organ

2004年大原裕追悼ライブの際に3人でsightsの曲を演奏したのがきっかけとなりスタート。詩的で心揺らぐチェンバー・スカバンド。




jacket_final_大2


Wallflower、待望のニュー・シングルがリリース!プロデューサーにThe Field Mice、Saint Etienneを手掛けたIan Cattを迎え、リミキサーにIce Choirを起用した7”シングル!

Wallflower / Nowhere (7″+mini zine)
ウォールフラワー / ノーウェア
FCEP-025
2017年6月24日(土) 発売予定

■収録曲:
A. Nowhere
B. Nowhere (Ice Choir Remix)

■価格:
1,800円(税別)

Wallflower(ウォールフラワー)は、大阪で結成の男女5人組インディー・ポップ・バンド。The Pains Of Being Pure At Heart、Alpaca Sports、Dylan Mondegreenら海外アクトとの共演や、2014年に台湾公演、2015年に世界最大級のインディー・ポップの祭典「NYC POPFEST」へ出演するなど、国内外のインディー・ファンから大きな支持を集めるなか、2年ぶりとなる新作シングル『Nowhere』をfastcut recordsからリリース!

待望のニュー・シングル『Nowhere』は、初期のネオ・アコースティックなアルペジオ・ギターはそのままに、女性ヴォーカルのウィスパー・ヴォイスとシンセ・パッドを押し出したBPM120前後のドリーミーなナンバー。
プロデューサーには、Saint Etienne、The Field Mice~Northern Picture Library~Trembling Blue Stars、近年ではDylan MondegreenやAlpaca Sports、The Proctorsを手掛けた、Ian Cattを起用。フラジャイル・インディーな楽曲にIan Cattによる繊細な音作りが施され、Northern Picture Library『Alaska』にも通じる切なく美しいアンビエンスの広がる名曲が完成しました。
B面にはThe Pains Of Being Pure At Heart時代から交流のある、Kurt Feldman (Ice Choir) によるリミックスを収録。Kurt Feldmanの80’s趣味を存分に発揮した幻想的なシンセ・コラージュによって彩られたサウンドは、Gangway、Sophie and Peter Johnston~Sally Shapiroを連想させるクリスタルなエレ・ポップに仕上がっています。

ジャケットにはウィスコンシン出身のフォトグラファー、Margaret Durowのアナログ写真を使用。美しいアートワークはYuma Horiuchi (möscow çlub) によるもの。
メンバーのセルフ・ライナーノーツなどを含むミニ・ジン+ダウンロード・コード付き、クリア・ヴァイナル仕様。5月下旬発売予定。

For Fans Of…
The Field Mice, Northen Picture Library, Trembling Blue Stars, Aberdeen, The Wake, Ice Choir, Lake Heartbeat, Sophie and Peter Johnston, Yumi Zouma, TOPS


Wallflower
wallflower_portrait
大阪で結成の男女5人組インディー・ポップ・バンド。fastcutから2012年に「Filled With Flowers (CDEP)」、2013年に「Dreamy Days / Stargirl (7″)」をリリース。これまでに、The Pains Of Being Pure At Heart、Alpaca Sports、Dylan Mondegreen、TOPS、Colleen Greenら海外アーティストとの共演や、台湾にてManic Sheep主催の「POP! POP! FEST」、ニューヨークにて「NYC POPFEST 2015」に出演するなど、国内外に活動を拡げている。2017年5月には、中国・上海にて「Up A Tree – Indiepop Festival」へ出演予定。


Wallflower / Nowhere incl. Ice Choir remix (7”/FCEP-025)

We will release Japanese band Wallflower’s new 7″ single “Nowhere” in May, 2017.
The Original version on A side was produced/mixed by Ian Catt who known as the producer of Saint Etienne, The Field Mice, Northern Picture Library and Trembling Blue Stars. He also worked with Alpaca Sports, Dylan Mondegreen and The Proctors in recent years. Includes Kurt Feldman’s (ex.The Pains Of Being Pure At Heart, The Depreciation Guild) current project Ice Choir remix on B-side.

The single comes with the beautiful photo sleeve taken by Wisconsin based female photographer, Margaret Durow + mini zine written by members of Wallflower (Japanese text only).

For Fans Of…
The Field Mice, Northen Picture Library, Trembling Blue Stars, Aberdeen, The Wake, Ice Choir, Lake Heartbeat, Sophie and Peter Johnston, Yumi Zouma, TOPS