release




『シューゲイザー・ディスク・ガイド』にも掲載されたドイツ・ベルリンのMonoland。彼らの名を知らしめた名曲「Motel Fumatore」を収録した2001年発表の名作2ndアルバムが待望のアナログ・リイシュー!

1996年にドイツのベルリンで、ヴォーカリスト/ギタリストのマルコ・ブラゼイザック、ギタリストのヘンリック・シーマン、ベーシストのマティアス・エッカー=エアハルト、ドラマーのダニエル・グリンステッドによって結成された4人組インディー・バンド、Monoland(モノランド)。
ドイツのNoiseworksから1stアルバム『Manouva』でデビュー。2006年にリリースした3rdアルバム『Ben Chantice』まで3枚のアルバムをリリースしており、本作『Cooning』は2001年にリリースされた2ndアルバム。

TAM、Die Art、Jeans Teamといったバンドと何度かライブを行った後、Monolandは2000年に 『Cooning』のレコーディングを開始する。サウンド・エンジニアのセバスチャン・フェルとEinstürzende Neubautenのマルチプル・ノイズ・スタジオで古いテープ、MIG-Motors、巨大なバスドラムを駆使しアルバムは制作された。

My Bloody Valentine『Loveless』やSlowdive、Bowery Electric、トリップ・ホップ、エレクトロニカに影響を受けたという本作では、ノイズ・ギターの洪水のように美しいA1「de pale」で幕を開ける。イントロからダイナミックに展開するノイズ・ギターとサンプリング・ループの恍惚感や切ないメロディーが立体的なリズムワークに乗って高揚していく2000年代シューゲイザー史上、至高の1曲と名高いA3「motel fumatore」。トリップ・ホップとシューゲイズ・サウンドをブレンドさせたA5「orcin」。ヒリヒリとしたサンプリング・コラージュが突き抜けたギター・サウンドでアルバムの最後を飾るB4「honolulu」など、エレクトロニカやダブテクノなどの中枢であるドイツ・ベルリン出身らしいエクスペリメンタルな空気がアルバム全体に横溢している。
また、今回のアナログ・リイシューにあたり、初アナログ化となる彼らの初期の代表曲「manouva」をボーナス・トラックとして収録。

リリース当時My Bloody Valentine『Loveless』にサウンドが似ていると評された『Cooning』。不思議なことにそのジャケット・アートワークが、後の2013年にリリースされたMy Bloody Valentine『m b v』のアートワークとよく似ていたこともシューゲイザー・ファンの間で話題となった。

for Fans of… Adorable, Astrobrite, Chapterhouse, Drop Nineteens, Fleeting Joys, GUITAR, motifs, My Bloody Valentine, The Notwist etc…

[CATALOG NUMBER] FCRD-094LP
[FORMAT] LP (帯付き)
[PRICE] 3,600 yen (without tax)

TRACKLIST:
A1. de pale
A2. cooning
A3. motel fumatore
A4. mc cann
A5. orcin
B1. moon
B2. vodoo
B3. embrace
B4. honolulu
B5. manouva *
*Bonus track for Japanese LP edition

Next postFCRD-091LP | NEXT TIME PASSIONS - COFFEE & REGRETS (LP)